ワールドカップAppleのAirPodsが大注目!!⚽️|iPhone修理福岡新宮店

福岡でiPhone修理(画面割れやバッテリー交換など)ならiPhone修理福岡新宮店におまかせください!

 080-3985-7937

iphone修理福岡新宮店
営業時間10:00~21:00

ワールドカップAppleのAirPodsが大注目!!⚽️

   

FIFAワールドカップのスポンサーとなるには相当額の料金を支払わなければなりませんが、Appleは公式なスポンサーとならずとも自社製品の宣伝に成功したようです。

FIFAのマーケティング収益は16億ドル

今年のワールドカップから得られるFIFAのマーケティング収益は16億ドル(約1,777億円)に上るともいわれており、公式スポンサーとなるには相当金額の支払いを要します。

FIFAは、大会の公式スポンサーとならずに選手に直接お金を払ってブランドマーケティングを行う、アンブッシュマーケティング(ambushは待ち伏せの意)を厳しく禁じており、スポンサーでない企業のブランドロゴはテープで隠されることになっています。

⚽多くの選手が移動時に身につけていたAirPods

しかしながら、多くの選手が移動時に身につけていたのはAppleのAirPodsとBeatsのヘッドホンでした。ベルギー代表のロメル・ルカク選手や、イングランド代表のマーカス・ラッシュフォード選手はBeatsロゴが隠されたヘッドホンを使用していましたが、デザインが特徴的であるため誰でもそれがBeatsのヘッドホンであることがわかってしまいます

またAirPodsに至っては、メキシコ代表のギジェルモ・オチョア選手や、ドイツ代表のユリアン・ドラクスラー選手、イングランド代表のジェシー・リンガード選手、カイル・ウォーカー選手、ダニー・ウェルベック選手、アルゼンチン代表の選手たち、ポルトガル代表の選手たち、そしてブラジル代表のネイマール選手が移動時に使用していたことがわかっています。⚽

AirPodsはそのあまりにユニークなデザインゆえ、そこからにじみ出るAppleブランドをどうやっても隠すことはできません

今回の日本代表も、帰国時に、なんと12名の選手がAir Podsを装着していたとのリポートもあり、今年後半は、価格帯が広がり、種類も増え、
本格的に完全ワイヤレスイヤホンの普及が加速しそうですね。
皆さんも、一度ワイヤレスイヤホンを試着してみてください。その便利さ、快適さに、もうコード付きのイヤホンには戻れなくなりますよ。😄

FIFAワールドカップのスポンサーとなるには相当額の料金を支払わなければなりませんが、Appleは公式なスポンサーとならずとも自社製品の宣伝に成功したようです。⚽

⚽FIFAのマーケティング収益は16億ドル

今年のワールドカップから得られるFIFAのマーケティング収益は16億ドル(約1,777億円)に上るともいわれており、公式スポンサーとなるには相当金額の支払いを要します。

FIFAは、大会の公式スポンサーとならずに選手に直接お金を払ってブランドマーケティングを行う、アンブッシュマーケティング(ambushは待ち伏せの意)を厳しく禁じており、スポンサーでない企業のブランドロゴはテープで隠されることになっています。

⚽多くの選手が移動時に身につけていたAirPods

しかしながら、多くの選手が移動時に身につけていたのはAppleのAirPodsとBeatsのヘッドホンでした。ベルギー代表のロメル・ルカク選手や、イングランド代表のマーカス・ラッシュフォード選手はBeatsロゴが隠されたヘッドホンを使用していましたが、デザインが特徴的であるため誰でもそれがBeatsのヘッドホンであることがわかってしまいます

またAirPodsに至っては、メキシコ代表のギジェルモ・オチョア選手や、ドイツ代表のユリアン・ドラクスラー選手、イングランド代表のジェシー・リンガード選手、カイル・ウォーカー選手、ダニー・ウェルベック選手、アルゼンチン代表の選手たち、ポルトガル代表の選手たち、そしてブラジル代表のネイマール選手が移動時に使用していたことがわかっています。

AirPodsはそのあまりにユニークなデザインゆえ、そこからにじみ出るAppleブランドをどうやっても隠すことはできません

今回の日本代表も、帰国時に、なんと12名の選手がAir Podsを装着していたとのリポートもあり、今年後半は、価格帯が広がり、種類も増え、
本格的に完全ワイヤレスイヤホンの普及が加速しそうですね。
皆さんも、一度ワイヤレスイヤホンを試着してみてください。その便利さ、快適さに、もうコード付きのイヤホンには戻れなくなりますよ。😄

 

 

 お問い合わせはこちら

 - スタッフブログ, 未分類